皿暦

 
月に数回だけ開くレストラン。












お皿のうえに深い秋が在る。
季節のにおいを引き連れた食材を見つめて、
いまはいましかないんだな と、慈しみの気持ちが生まれた。

たいへんおいしかった。
こころとおなかが満ちると、外の肌寒さも忘れる。

すみずみまで丁寧なお料理だった。
何度でも伺いたくなるおもてなしだった。




ごちそうさまでした。
- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>