嗅覚党


いつしかスキンケアに嗅覚経由の癒しを求めるようになりました。

お気に入りは、
NEAL'S YARD REMEDIESのフランキンセンスとホワイトティ。 
フランキンセンス ウォーターで拭き取り(朝は洗顔の代わりにする)、
フランキンセンスを嗅ぐと背筋が伸び、
ホワイトティを嗅ぐと頭を撫でられている気分になる不思議。
NYRを使いはじめてからというもの、皮脂の質が変わったなあと思います。
夕方以降もへんにべたべたぬるぬるしない。
皮膚のうえに自然な膜が張っているかんじ。




みずみずしい芳香もさることながら、とろける使い心地です。
ほにゃらかぺー。




おやすみまえのおまじない。
わたしは、おともだちからもらった7《叡智》を愛用しています。
コンセプトは『幸福に満ちた生活-すべてのひとに、世界に、愛と平和を』だそう。
第7チャクラのある頭頂にひと吹きして眠りに就きます。




お仕事やおでかけのまえ、ショーにのぞむときなどは、香りを纏います。

10代のころに母から贈られて以来、
資生堂のwe'reというオードトワレ一筋だったのだけれど、
30代になってすこし変化がほしくなりました。
複雑さのなかに秩序のある香りを探し、やっと出会えたのが、
いつかのモロッコ旅の記憶を呼び起こして、
ゆるやかな高揚感を与えてくれるのでだいすき。

we'reと重ねづけすると、
過去と現在のわたしが手をつなぐ香りになるのです。
- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>